ワードプレスのサーバー移転ならwordpress引越しセンター(WP引越しセンター)へ|全国対応・即日対応可能

03-4241-4410
お問い合わせボタン
wordpress引越しアイコン

オートスケールのレンタルサーバーの魅力とは?

よくテレビなどで紹介された店をホームページで見ようとアクセスすると、つながりにくいことはありませんでしょうか?
それは、サーバーへの同時アクセス数が、サーバーの許容負荷範囲を超えてしまい、サーバー制限が設定され、不安定な接続状況が続きます。
数時間見れない時間が続いたり、2~3日正常に戻るまでかかる場合がございます。

そんな時に検討したいのが、オートスケールが付いたレンタルサーバーです。
特定の日だけスペックの大きいサーバーが必要な時に利用するサーバーです。

下記は、年末になると特定のページだけアクセスが集中し、閲覧障害が出るサイトのアクセス解析です。
通常は6000PVくらいのアクセスで安定するのですが、年末になると急激にアクセスが多くなります。
アクセス解析では下記程度ですが、閲覧障害がでていることを考えると、それ以上のアクセスがあったことが考えられます。

さて、そんなときにどのようにすればいいでしょうか?

通常は、標準のレンタルサーバーでいいくらいなのですが、年末になると専用サーバー並みのアクセスがあります。
専用サーバーやVPSだと、初期投資だけではなく、保守管理費等も高くなり、たった3~4日のためだとするともったいない気がします。
また、より高いスペックのレンタルサーバーすると費用も高くなり、通常のアクセス時のサーバー費用がもったいないと思いませんでしょうか。

そこで選びたいのがオートスケール機能付きサーバーです。

アクセス負荷に合わせてプランアップしてもらえるので、上記の場合、急激にアクセスが上がる年末だけ自動的にアップしてもらえます。

オートスケール付レンタルサーバーについて

Wpx Speed

オートスケール付きサーバーといえば、エックスサーバーの『Wpx Speed』です。

一定の負荷検知でプラン変更する「オートスケール」機能により、アクセスが急激に増加してもリソースが多いプランに自動で変更するため動作・表示が安定します。
プラン変更の条件・予算は任意で設定できるので、毎月無理のない範囲でご利用可能です。

» 詳しくはこちら

Conoha Wing

もう一つは、安定稼働の『Conoha Wing リザーブドプラン』です。

急激なアクセス増加時には、モニタリング機能ですぐにサーバーの負荷を検知し、自動でスケールアップが可能です。
Webサイト表示速度の低下やサーバーダウンを未然に防げ、短期間で一気にアクセスが集中するイベントサイトや、
タイムセール行うECサイト、メディア掲載時の企業Webサイトなどにも最適です。

» 詳しくはこちら

↓↓↓  2022年WordPressおすすめ&人気&安定サーバー  ↓↓↓